【田舎式エクササイズ】草刈りで痩せるのか?道具別のダイエット効果について検証してみる

草刈り

一戸建ての住宅に住んでいる人の悩みの種の一つと言えば、「草刈り」があげられるのではないでしょうか。

 

窓から見える庭の草。取らなくちゃと思いながらついつい放置してしまい、あっという間に1mくらい伸びていたなんてことも時々あるのかなと思います。

 

都会のほうの住宅なら家の周りがしっかりとコンクリートに覆われていることが多いと思いますので、生えてくる草もそれほど多くないと思いますが、

 

田舎のほうは家の周りがほとんど土ですので、少し放置しただけでもとんでもない量の草が生い茂ります。春から秋にかけては、朝早くから毎日のようにどこからともなく草刈り機のエンジン音が聞こえてきます。

 

私の家では、自宅の庭のほかにさらに畑や田んぼも近くにありますので、草刈りはこの時期の一大イベントになります。

 

ここ数年は、体調の悪い高齢親に代わって私が草刈り担当になっていますが、なるべく草刈りの回数を減らしたいので、ギリギリまで草を伸ばしてから刈るようにしています。

 

ただ、畑や田んぼのほうは、ススキやヨシなどの手強い雑草があっという間に高さ2mくらいにまで育ってしまいますので、毎年、草刈りの回数を増やすか、まとめて一気にやるか心の葛藤があります。

 

結局は、まとめて一気にやることになりますが、その段階まで来るともう小さい鎌でちょこっと取るなんていうレベルではないですので、かなり本気度が高い道具を揃える必要があります。

 

そして、無駄に広い敷地の草刈りをするとなると2、3日間はかかりますので、事前に体調を整えて、草刈り中もきちんと水分を取って休憩を挟みながら作業をします。勢いだけでやろうとすると、途中で気分が悪くなったりしますので無理は禁物です。

 

草刈りが好きな人はいないかと思いますが、私は本当に草刈りが嫌いです。暑くて汗だく、虫には刺されてるし、足は傷だらけ、体のあちこちが筋肉痛になるので本当に嫌になります。

 

今までに何度か業者にお願いしたこともありましたが、最低でも1回1万円位はかかりますので頻繁にはお願いできないですし、

 

業者より単価が安い田舎の強い味方「シルバー人材センター」にお願いしたこともありましたが、なにせ高齢者ばかりですので、無理はしないようにしているのか何度も何度も休憩時間がありさっぱり作業が進みません。

 

逆に何日もかかってしまい業者よりも高くつくことがありますので、ここ数年は自力での草刈りを頑張っています。

 

ということで、

 

そんな草刈りを頑張っている私の普段使っている草刈り道具について、少しご紹介してみたいと思います。

 

ちなみに、ただ道具の話だけしてもつまらないですので、それぞれの特徴についても少し触れてみたいと思います。

 

また、草刈りは、本気でやると少し痩せることや普段使わない筋肉を使うことにもなりますので「エクササイズ」という観点からも独自に評価してみたいと思います。

 

では、さっそく。

草刈り改め「田舎流エクササイズ」のご紹介です。

 

その1.「刈り込みバサミ」エクササイズ

【難易度】 ★☆☆☆

【疲労度】 ★★☆☆

【ダイエット効果】 ★☆☆☆

【使う筋肉】上半身(腕、肩、二の腕など)

主に、飛び出した庭木の枝や生垣などを刈り込みをする場合に使用します。また、背丈以上に伸びてしまった比較的固い草を手っ取り早く短くしたい時にも使用します。

 

刈り込みバサミは、1000円程度の安価ものから1万円位するものまであります。素材、切れ味、ハサミの長さなどで値段が変わります。

 

私の使用しているものは、値段は約1000円で小型軽量のものです。木製で重量のあるものですと、長時間使用していると腕が痛くなり、場合によっては翌日まで腕の痺れや震えなどの後遺症が出ますので、現在はアルミ製の軽いものを使用しています。

 

使う筋肉は、主に腕と肩となります。チョキチョキと反復運動になりますので集中的に鍛えられます。ときどき屈んで作業をすることもありますので、腰や体幹も鍛えれると思います。ただ、汗をかくほどの負荷はないためダイエット効果はあまりなさそうです。「二の腕」引き締めコースといった感じでしょうかね。

 

ハサミで切る作業が楽しくて、ついついやり過ぎてしまいがちですが、2時間以上やり続けるとハサミが軽量であっても手が痺れたり、不安定な態勢によって腰痛の原因になってしまうこともありますので、適宜休憩を入れながら作業することをおすすめします。

 

個人的には、刈り込みバサミがお手軽で使いやすいですので、使用頻度が一番高いお気に入りの草刈り道具です。このハサミ以外にも、5㎝程の太い枝でも楽々切れる刈り込みバサミもありますが、そちらもかなりおすすめです。

 

その2.「ヘッジトリマー」(バリカン)エクササイズ

【難易度】 ★★☆☆

【疲労度】 ★★☆☆

【ダイエット効果】 ★☆☆☆

【使う筋肉】上半身(腕、肩、腰など)

 

主に、飛び出した庭木の枝や生垣などを刈り込みをする場合に使用します。また、長く伸びた芝生や比較的柔らかい雑草を手早く綺麗に刈りたい時にも使用します。

 

ヘッジトリマーは、1万円前後から5万円くらいするものがよく売られています。電気式、充電式、伸縮型、高速のものなどがあります。私が使用しているものは、1万円以内の電気式のものです。

 

使う筋肉は、腕、肩のほかに刈り込みを行うために左右に体を動かすため、お腹や腰回りのシェイプアップ効果も期待できると思います。ただ、電動だとあっという間に刈れてしまいますので、作業時間が短いためダイエットというよりも、腕などのシェイプアップに効果があるように思います。

 

このヘッジトリマーですが、少し重量がありますし、刃が回転しているため取り扱いには注意が必要です。ただ、使いこなすことができれば非常に使い勝手が良いですので草刈り道具としてはかなり有能です。

 

 

その3.「立ち鎌」エクササイズ

【難易度】 ★★☆☆

【疲労度】 ★★★★

【ダイエット効果】 ★★★★

【使う筋肉】全身

 

主に、背の高い比較的固い雑草(ヨシ、ススキ類)を広範囲に刈る時に使用します。短い柄の草刈り鎌の場合は、長時間しゃがんでの作業が腰に大きく負担がかかるのと、また背の高い草が刈りづらいということがありますが、立ち鎌は、その名の通り、立ったままで草が刈れますのでとても便利です。

 

立ち鎌は、鍬タイプのものもあり概ね5千円以内で売られていることが多いです。私が使用しているものは約2千円の軽量の鎌です。少し高価なものは、刃の素材や形状が特殊で切れ味がかなり良いようですが、私は価格を重視したため切れ味はあまりよくありません。

 

使う筋肉は、全身となります。雑草の根本に鎌を入れて、そこから手前に鎌を引きながら草を刈ります。しっかり鎌が草に引っかかっていないと草が刈れずに空振りになってしまいますので、足を踏ん張り手や腕に力を入れ、刈る時にはお腹や腰、足にも力を入れて一気に刈ります。

 

上手に刈るためには少しコツが必要ですが、慣れてくると無駄に動かずに右から左へと腕を動かしながら広範囲に草が刈れます。また、常に足腰に力を入れていますし、最後は刈った大量の草を集めるという作業もありますので、結果的に全身のエクササイズになります。

 

立ち鎌は、負荷が大きく疲労感もかなりありますので一日で数キロ痩せます。翌日以降は筋肉痛もなりますので筋トレも兼ねていますね。ただ、長時間やりすぎると立ち眩みや具合が悪くなることもありますので注意が必要です。

 

私の中では立ち鎌が体力的に一番キツイですが、私の持っている電気式刈払い機では、背の高い雑草は刈りづらいということもあるため使い分けをしています。なにより、しゃがんで作業しなくて良いというメリットがありますので、おすすめの草刈り道具ですね。

 

 

その4.「刈払い機」エクササイズ

【難易度】 ★★★★

【疲労度】 ★★★☆

【ダイエット効果】 ★★★☆

【使う筋肉】お腹・腰回り

 

主に、膝丈ほどの高さの雑草を刈る時に使用します。コツを掴めば芝を刈ることも可能です。立ち鎌ですと体力をかなり消耗しますが、やはり電動のものは作業が楽です。

 

刈払い機は、1万円から5万円前後のものがよく売られています。ガソリン式、電気式、充電式などがあります。一般的によく使われているのは、ガソリン式のものですね。パワーがあるので少し硬い草でも難なく刈れるので人気です。

 

私の家には、ガソリン式、電気式、充電式どれもありますが、私が使用しているのは電気式のものです。それぞれメリット・デメリットがありますが、一番扱いやすかった約1万円の電気式刈払い機に落ち着きました。

 

ちなみに、ガソリン式のメリットは、固い草でも刈れるパワーがある、燃料がガソリンですので長時間、広範囲に作業ができることが大きいですね。デメリットとしては、機械が大きくて重い、パワーがあるため女性だとやや扱いにくいことでしょうか。男性はあまり感じないかもしれませんが、私はちょっと怖いですね。

 

電気式は、電気コードが届く範囲だけしか草刈りできないことや、充電式は、充電しても最大30分位しか稼働しないこと、パワー不足で思ったより作業効率が悪いというデメリットがあります。そのような理由から、若干のパワー不足は否めませんが安全面も考慮して電気式を使っています。

 

そして、使う筋肉ですが、刃の部分を地面から少し浮かした状態で体を左右に振りながら草を刈っていきますので、特にお腹や腰回りに力が入りシェイプアップに効果があります。実際に1~2日間これで草刈りをしたら、ぷよぷよお腹が少し引き締まりました。

 

ただし、刈払い機では、腕や肩、足はあまり動かしませんので全身運動をしたい人や痩せたい人にはいまいちですしょうかね。あくまで、お腹・腰回り集中コースという感じです。

 

私が使っている電気式の刈払い機は、小型でとても軽いですし女性でも簡単に扱えて安全ですので、ぜひおすすめしたい草刈り道具ですね。

 

最後に、

 

結局のところ、草刈りで大きく痩せる効果があるとはなかなか言えないですが、唯一、ダイエットとして効果があるそうなのは「立ち鎌」くらいでしょうかね。でも、草刈り道具を上手く使い分けることによって二の腕やお腹周りなど部分的にシェイプアップすることはできるような気がします。

 

大嫌いな草刈りも発想を変えてみると楽しくできるかもしれませんので、草刈り道具を選ぶ際などの参考にしてみてください。

 

それでは、また。

 

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ おひとりさまへ

 

にほんブログ村

Follow me!

Related Post